◈海外プラント事業◈


案件名:セントルシア国アンスラレイ漁港建設


1. 国名:セントルシア セントルシア国旗
2. 面積:616平方キロメートル(淡路島とほぼ同じ)
3. 人口:17.2万人(2009年 ECLAC)
4. 首都:カストリーズ
5. 民族:アフリカ系82.5%、混血11.9%、東インド系2.4%、その他
6. 言語:英語(公用語)、フランス語系パトワ語
7. 宗教:キリスト教(カトリック、プロテスタント、英国国教会等)など
8. 通貨:東カリブ・ドル(EC$)

国のなりたち  アラワクと呼ばれるアメリカ先住民が3世紀頃に南アメリカ大陸のギアナ地方から海を渡って定住したが、その後、カリブと呼ばれる別のアメリカ先住民が進出してきた。
 ヨーロッパ人による島の「発見」の歴史的経緯ははっきりとしていないが、1500年頃にスペイン人の探検家 フアン・デ・ラ・コーサによって発見されたのではないかと考えられている。ヨーロッパ人による定住はフランスが最初で、約100年間ほどフランスが島を統括していた。現地語のクレオール語がフランス語を語源とするのは、ここに由来する。
 その後島を巡りイギリスとフランスが争い、17世紀から18世紀にかけて14回領有権が変わった。最終的に1814年のパリ条約においてイギリスの領有が確定した。1958年から1962年の間は、西インド連邦に加盟していた。1962年に西インド連邦が解体した後、1967年に自治領となり、1979年2月22日に独立。
政治・経済  セントルシアは立憲君主制(英連邦王国)、議院内閣制をとる立憲国家である。現行憲法は1979年2月22日の独立に伴い施行されたもの。
 国家元首は国王だが、英連邦王国のため、イギリスの国王がセントルシアの国王を兼ねる。国王の職務を代行する総督は、国王により任命される。政治の実権は行政府たる内閣にあり、その長である首相は総督が任命する。この任命は通常、下院総選挙後に多数派を構成した政党の指導者に対して成される。閣僚は首相の指名に基づき、総督が任命する。総督による任命は形式的なものである。
 立法府たる議会は両院制で、上院と下院により構成される。上院は11議席で、全議員が任命によって着任する。その任命は、6議席が総督、3議席が野党指導者、残り2議席が宗教界や財界などの社会的集団によって成される。下院は17議席で、全議員が直接選挙(小選挙区制)によって選出される。両院とも任期は5年。
社会と文化 住民は、90%がアフリカ系である。また、混血が6%、インディオが3%、白人が1%である。
言語は公用語が英語である。また、フランス語をベースとしたパトワと呼ばれるクレオール語が使われる。
宗教は、ローマ・カトリックが90%、聖公会が3%、プロテスタントが7%である。
日本との関係 1979年2月22日独立後、日本は同年3月9日これを承認。
1980年1月11日外交関係開設、1981年より日本側は在トリニダード・トバゴ大使館が同国を兼轄。セントルシアは駐日大使館を設置していない。

セントルシアの地図 セントルシアのお札 セントルシアの切手 セントルシアの人々
セントルシアの地図 セントルシアのお札 セントルシアの切手 セントルシアの人々
セントルシア料理 セントルシア料理 セントルシア料理 セントルシア料理
セントルシア料理
セントルシア写真1 セントルシア写真2 セントルシア写真3 セントルシア写真4
セントルシアの写真

セントルシアプラント製氷へ→